×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借金 返済

借金返済と任意整理、特定調停、自己破産

借金返済が困難な時、整理の手続きを法的に行うより、完全な返済を目標にしたいものです。
法的手続きを進める前に、まず低金利のものからの借り換えや、複数の借入れを一つにできるかを検討します。
これらの方法が困難なのであれば、「任意整理」「特定調停」「自己破産」などの方法を選択できます。

任意整理とは、借金返済が難しいことを貸金業者に訴え、金利を低くしてもらえないか交渉することを指します。
高い利率の借金に苦しめられているというケースでは、非常に効果的な方法です。しかし、個人で業者と交渉しなければならず、うまくいかないこともあります。

任意整理による借金返済ができない場合、特定調停に踏み切ることになります。
特定調停とは、裁判所を介して両者が話し合うことで、借金を返済していくという方法です。
どちらにおいても、借り入れの条件を考慮してもらい、妥協点で返済を継続する形になります。

こういった方法によっても借金の返済が厳しいならば、自己破産に臨むことになります。
自己破産は、借金をゼロにすることができますが、大きな代償を背負っていかなければならないため、容易に選ぶべき方法ではありません。
貸主と話し合いのテーブルにつくのであれば、法律に詳しい人の力を借りましょう。
出資法違反の厳罰化が行われたため、事態の表面化を回避しようとしているからです。
自分ひとりではどうにもならないことも、法律家という後ろ盾があるだけで、借金返済がスムーズに行くことも多いのです。
地方自治体の消費生活相談窓口や、法テラスに相談してみましょう。